<< 前のページ | 次のページ >>

2016年3月30日(水) 23:23

現実逃避=春!?

なーーーんのお世話もしていないのに、ちゃんと春を告げてくれる、
HOM事務所前のシデコブシ。

満開です。




一歩外に出れば世の中は花と緑と柔らかな陽差し。。。



春ですね。


こんなこと感じる一瞬も人生には必要なんです!

と、現実逃避

written by hom [日常] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2016年1月2日(土) 00:50

謹賀新年2016

あけましておめでとうございます!

一年のスタートにはこの上ない、暖かなココロが洗われるような青空の元日でした。

今年もHOMをよろしくお願いします!


written by hom [日常] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2015年1月1日(木) 00:00

謹賀新年2015

おかげさまでまた新しい年を迎えることができました。
今年もたくさんのお施主さんに幸せと元気を届けます!(もしかして逆!?)

       

引き続き、よろしくお願いします!

written by hom [日常] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2014年11月13日(木) 23:56

能楽らいぶ

いつもお世話になっている業者さんからのお誘いを受け、能楽を堪能して来ました。



能楽にしっかりと触れたのは始めての経験でした。

感想は・・ワカラナイ・・でした。

けれども、です。
第2部の講演会(講師:哲学者、武道家 内田樹氏)を聴いて一気に「能をやってみようかな・・」というところまで引き込まれました。

それほどわかりやすく楽しい口調そして内容でした。

*能楽の魅力は、そもそも見て聴いて訳わからないところ。
*独特な身体の動きである”摺り足”は、自分から能動的に動くものではなく、見えない大きな力で前面から受動的に引っ張られる感覚でないと表現できない。
*両腕を広げる所作は、身体全体を覆うゼリー状の塊の中を浮遊する感じ。
etc.etc.

というような、自ら能をされる方ならではの技法の解説から、中世(平安末期〜鎌倉・室町)日本人が、どのような言葉で、どのような所作で、何を考えて生きていたのか?・・それをわかりたくて能を始めた、という興味深いエピソードまで、一つ一つの言葉に引き込まれました。

そしてその哲学的な解釈には日本人として納得できる気がします。

”自然と人間の境界には「壁」とか「門」とか「石」とか堅牢なバリヤーが置かれるのが普通です。「何か」が人間の世界に入り込まないように、人間が道に迷ってうっかり「向こう側」に踏み入らないように境界線を管理するのです。でも中世日本人はそこに無生物ではなく、よく整えられた生身の身体を置くという手立てを思いつきました。整えられた身体は野生と人間を媒介し、架橋することができる。これはおそらく日本列島に独特の発想だと思います。そしてそこから「修行」という方法、「道」という概念が生まれてきた。”

難しいけれど何となく腑に落ちる、という気がしませんか?^^

written by hom [日常] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2014年8月1日(金) 16:03

請負〜請け負け!?

唐突ですが、一冊の本を紹介します。
本屋でブラブラしててタイトルに惹かれて手に取った本です。



元々雑学本は好きな方ですが、この本は特化して面白かったです。

何気なしに普段使っていることばたちの意味・由来・正しい使い方を、
NHKとしての見解を含めながら解説している内容なんですが、
それぞれのことばの、いかにも興味をそそるサブタイトルの付け方、文章の
平易さ、小気味良いテンポ、かつポイントをついた明快さ、などが相まって一気に読めます。

「へぇー」、「なるほどねー」の連続。

改めて日本語の面白さ、奥深さを堪能しました。


その中で、建築業界につながることばがあり、思わず、これだよっ!
ってひざを叩いたことをご紹介^^

【値段を安くするとなぜ「勉強」?】という一文からの抜粋です。

そもそも古代中国での「勉強」の意味は、その漢字の通り”強いて勉める””無理強いをする””広く努力する”の意味で使われていました。
そこから”お客のために少し無理をして利益を薄くして売る”という意味合いで使われていると言うことです。

その値段を安くすることをおまけする、といいますよね。これは漢字で「御負」。
この”負”は、お客の意見を取り入れてお客との取引に”負ける”からきているようです。

その「負け」とは何か?


設計が完了し、工務店さんの見積り金額が双方合意に至ればそこで”請負”契約を締結します。
そして工事が始まりその途中段階で、図面に記載が無かったり、または図面通り出来上がったことでもお客さんの気が変わったり、イメージが違ったり、と言う感じで追加工事や手直し工事が発生する場面がよくあります。

そんな時全てではありませんが、設計監理側の判断として工務店さん側にその追加or手直し工事費用をお願いする場合があります。

その時工務店さん側からたまに出る言葉なんですが、
「しょうがないですねー、私らは請負(請け負け)なので・・・」
とちょっと皮肉を込めて返されることがあります。

そんな時感じる違和感はいったいなんだろう?といつも思っていました。
あなたたちは負け組なのか・・・?

そーなんです、考え方が違うんです、しょうがない、ではないんです。

「勉強」「御負(おまけ)」と同じ勝ち負けではなく、お客さんのために少しだけ無理をして、
お客さんに一歩譲る感覚の「負」なんです!


あー、すっきりした。これからはそう切り返そうと思います。

そう思うことが潤滑油になり、双方物理的にも心理的にもプラスになると思いませんか?
そもそもお客様は神様^^ですし。


追記;アンタはイイよね、自分のフトコロ痛まないから・・なんて言われそうですが、もちろんすべて工務店さんに一方的に押し付ける訳ではなく、お客さん了解のもと、質を落とさず他の部分を変更したり、完成した工事部分が計らずも見積金額より安くできた項目をCHECKして、その金額を相殺する、といった調整も監理業務の重要な仕事です。

written by hom [日常] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ | 次のページ >>

MySketch 2.7.4 written by 夕雨