2021年07月の記事

<< 前のページ

2021年7月18日(日) 00:05

東京体育館

4月にリニューアルオープンした長野善光寺近くの長野県立美術館に行きたい!という話を妻にしていた時のこと。

設計者の宮崎浩氏はね…と建築オタク(自称)のHOMがウンチクを垂れ始める。

「彼は槇文彦さんの事務所に居てね…」と言いかけた時、
妻が「あっ、その人って東京の体育館を設計した人!」
HOM「えっ!?なぜ知ってる?」
妻「だって若い頃東京行った時、見ながら教えてくれたじゃん」
HOM「マジか。すごいねよく覚えてたねー」
妻「そうそう、若い頃の記憶って残ってるよねー」

確かに!   昨日の夕食は思い出せない…のに^^;

*ちなみに妻は建築素人です。なのにそれなりにオタクっぽい^^

コロナが収まったら...
 

written by hom [街中採取] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2021年7月15日(木) 17:35

積ん読本

10冊近くにもなってしまう積ん読本をいいかげん読破していかねば…と一念発起。
いろいろな定位置に置いて、そこに来たら1回数ページでも^^
チリも積もれば…やらないよりやるほうが…を信じて実行中!

積ん読本定位置@自宅机上⇒司馬遼太郎氏『街道をゆく24』。
その中の一文、『余慶を頂戴した』に引っかかる。余計?じゃないのか?

調べてみたら「余計」は「余慶」から転じた語だそう。

コトバとして言う時書く時、「余慶」のほうがいい感じ。
余計なモノ、って言うより、余慶なモノ、のほうが得した感じの優しい気持ちになれそうです。

早速そんなプチ感動。
やっぱり本は面白い。

written by hom [日常] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2021年7月14日(水) 23:45

マスク電車

東京暮らしでなかなか会えない孫(1歳半)がマスクをつけている写真を送ってきた。
「へーっ、いやがらないんだー^^」と感心。

お返しに最近電車にはまりつつあるらしい孫あてに札幌マスク電車の写真を送る。
カワイイと評判。

だけどまさに時代!



written by hom [日常] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2021年7月14日(水) 22:10

再開。再会?

世の名は各種未曾有の災害に見舞われています。
みなさまにおかれましては、できる範囲での情報収集を怠らずご自愛ください。

HOMはおかげさまで生き延びています^^

ここ1年間、3件の住宅、1件の福祉施設を完成させていただきました。

現在、車椅子生活を余儀なくされた娘さんをお世話する親御さんが、自分たちが年齢を重ねていく様々な不安を少しでも和らげるべく、親戚縁者有志が集まって(7人!)みなさんでお世話をするという、何とも幸せなシェアハウスを鋭意設計中です!

written by hom [現場] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

MySketch 2.7.4 written by 夕雨